日曜日, 7月 02, 2006

持つべきものは良い友人です。

神がかり的な幸運で会場に行った某■からの情報。

時間通りに撮影所に集合。170~180人程が集まっていたらしい。ほぼ時間通りに係員に従い整理番号順に整列、本人確認後スタジオへ。
まずはリハ室に入り係員からいつも通りお約束の注意事項の説明を受け、スタジオ収録の準備ができるまで待機。半数近くの参加者は携帯三昧だったそうだ。まぁ、ただ待つだけだとすることないからねぇ。で、いよいよスタジオ入り。取り合えず整理番号順にスタジオに入ってったようだが、演出のため最前列は女性に限定されたそうだ。で、ADらしき人から拍手や歓声(ADからは「今日は何か男性多いんで、なんか、重低音が...」と突っ込み)、手拍子の指導を受けた後いよいよ綾さんの登場!!
黒に金のスパンコールっぽいもので描かれた柄入りのノースリーブに真紅のミニ。赤白の色違いの紐で結びあげた黒のDr. マーチンのブーツをはいていたらしい。で、レンタルと思われるお気に入りのヴィヴィアンのオーブライター他のアクセつけていたそうだ。実際の衣装は明日7/3のO.A.で確認できるのだが、話を聞く限りキュート&ライトパンクスタイルってとこか。この時点で「冒険でしょ?でしょ?」「ハレ晴レユカイ」は無い、と。
センターマイクの立ち位置につき観客が拍手と声援で盛り上がる中第一声
「はいっ!、え~っと、皆さん、こんにちは~!」。
客からの
「こんにちは~」
の歓声の後、
「今日は来てくださってありがとうございます。よろしくお願いしま~す。」
大拍手。観客からは軒並み「可愛い~っ」の声。で息つく暇も無くADから本番のカウントダウン。それまでにこやかないつもの綾さんだったのが、カウントダウンが始まったとたん厳しい表情に豹変。本番での集中力の高さ、テンションを一気に頂点に持っていく切り替えの早さは芸暦の長さを感じますね。
「5、4、3」2、1、シンバルの音からロータムへの切れの良いビートは…
キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
God knows…
イントロ-Aメロ-Bメロ-サビ-Cメロ-サビ-エンディングという構成。12話と同じですね。O.A.尺的にもこんなもんでしょう。
で、拍手&1回目終了。
バックでVのチェックをしているっぽい感じの間に、この時点ではいつもの表情に変わってたらしい。
「なんかしゃべって」「どうだった?」
「すごい緊張した」
「頑張って~」「ガンバレ~」
で、少しスタッフと打ち合わせ。
相変わらず緊張の色は隠せないらしい。
「リラックス」「頑張って」
ちょっと弱気な細い声で申し訳なさそうに
「ありがとうございま~す」
「ハイ、じゃあよろしければもう一度お願いします。」
さらに細い声で
「もう一回お願いします。」
綾さんを勇気付けるように観客が大きな声援を送る。
ADのカウントダウン。ここでも一瞬にして表情を変え、テンションをトップに引き上げる。
少し緊張がほぐれてきたせいかなかなか良い出だし。
「~痛みを分かち合うことさえ~」
ん~、良い感じ。
「~あなたは許し・・・・」「ごめんなさい、ごめんなさい。」
NG。
観客大いに盛り上がる。
「ドンマイ」「がんばれ~」
「すみません、ほんと迷って・・・」
「大丈夫?」
「大丈夫です。」
「じゃあ、もう一回。」
「ふぁあぁ~、ほんともうダメ。」「はぁ~っ」
「はい、それではまた本番まりいりま~す。よろしくお願いしまぁす。」「えー、それでは本番。」
いよいよ3回目の本番。ある意味NG出して緊張が取れたともいえるし、一方で今度はNGを出せないというプレッシャーも。
「音まで10秒前、8、7、6、5秒前、4、3…」
「渇いた心で駆け抜ける~ごめんね何もできなくて~」
ん~、良い感じ。ちょっと音揺れ気味だけど。
「~God bless...~」
観客大大大歓声。
「格好よかった」「最高~!」
スタッフ間でもOK or NGの微妙な雰囲気の中、イベントとかで有名?なLantisのS氏登場。なにやら綾さんと少しの間話し込むがとりあえずOKっぽい感じだったので、高い段にあるセットからスタッフの手を借りながらぴょん、と飛び降りる綾さん。でスタジオを後に。多分Vチェックをしている様子。しばし時間が空いた後、ADから、
「すいません、今のでOK出ましたんで、これで以上になります。」
観客歓喜の拍手。O.A.日程の説明を受け順次収録スタジオからリハ室へ移動。

とまぁ、こんな感じだったらしい。
歌自体は特に振り付けがあるわけでなく、スタンドマイクをずっと握りながらロック歌手よろしく、シャウトしながら激しく歌っていたそうだ。ロック好きな綾さんにはぴったりかも。
O.A.は7/3(月)20:00~20:54 フジTV系(因みにBSフジは7/8(土)21:00~)
※MX組みは、ハルヒと被っているので要注意。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home